シアリスジェネリック医薬品―タダポックス、タダシップ、タダリス、メガリスの価格、効果、副作用、特徴などの情報を徹底比較いたします。

シアリスの主要成分

シアリスの主要成分

シアリスは発売されてからずっと人気を集めている最強のED治療薬です。病院では2007年から処方がスタートしていて、国内では最新のED治療薬になります。今現在も人気が高まっていると言えるでしょう。シアリスはどうしてこんなに人気があるのでしょうか。では主要成分から説明したいと思います。

 シアリスに含まれる有効成分は「タダラフィル」です。

シアリスの主成分のタダラフィルは前立腺肥大症治療薬「ザルティア」、肺動脈高血圧症治療薬「アドシルカ」として別の商品名でED以外の疾患にも処方されており、またアンチエイジング効果や心肺機能改善効果もあることが知られています。

 タダラフィルは、生体内で環状グアノシンーリン酸(cGMP)の分解をしている5型PDE-5(ホスホジエステラーゼ)の酵素活性を阻害します。この酵素の影響が強すぎることで、下半身内部にある海綿体の平滑体に対して、血流を減少させるために、「勃起できない・・・勃起が中途半端・・・」になってしまいます。タダラフィルがPDE-5を抑制することにより、陰茎周辺部(もしくは肺)のNO作動性神経に作用して血管を拡張させ、平滑筋が弛緩して、陰茎への血流が増加により機能すると考えられています。つまり、若いころの自分に戻れるということになります。

 タダラフィルという成分は、血中滞留濃度というものがとても高く、最長の場合、36時間も勃起効果を実感出来るようです。

このため、食事などの影響も受けにくいという事ですから、シアリスはバイアグラ以上に効果の高い性機能障害の治療薬として知られています。

 シアリスには、含有されている成分の量によって5mg・10mg・20mgの3種類があります。タダラフィルは白色の粉末で水に溶けない性質を持っています。服用後の最高血中濃度到達時間が30分~4時間と人によっても大きな個人差が出てきます。シアリスの効果は、1錠あたりに含まれた有効成分の量が多くなるほど長く続きます。シアリス20㎎錠の場合だと、少なくとも24時間、最長で36時間は効き続けるのです。

シアリスジェネリック医薬品ランキング