シアリスジェネリック医薬品―タダポックス、タダシップ、タダリス、メガリスの価格、効果、副作用、特徴などの情報を徹底比較いたします。

EDの原因とタイプ

EDの原因とタイプ

ED(勃起不全)は発病原因によって分類したら、4つのタイプが分けます。EDは年齢のせいだけでなく、ストレス、食事、生活習慣病、糖尿病、高血圧、脂質異常症なども勃起不全の発病原因だと言われています。本文はそれぞれの原因とEDタイプを詳しくご紹介いたします。ぜひご参考になってください。

1. 器質性ED

勃起不全の一つ目の分類は器質性EDとなります。このタイプのEDは50代によく見られ、加齢は主要な原因となります。特に動脈硬化(血管が硬くなる症状)は発病原因と考えられています。血管が硬くなると、十分に広がらないようになります。そうすると、血液循環が不足になってしまい、勃起不全が起こります。

また、神経障害も器質性EDを起こす原因となります。神経に障害が生じると、脳が性的な興奮を感じても勃起命令をよく伝達することができないです。従って勃起不全が起こってしまいます。その症状はほとんど糖尿病による起こります。生活習慣病とも言われる糖尿病は血液の病気ですが、神経や内蔵にはいろいろな悪い影響をもたらすため、血管は傷つくとともに神経にも損害があります。その結果は器質性EDにはつながります。

それ以外に、タバコ、お酒も血管に負担をかかりますから、EDの原因だと考えられます。

2. 心因性ED

心因性タイプのEDは体の問題ではなく、心理的、精神的なストレスと障害は発病原因となります。生活、会社でのストレス、夫婦関係、うつ病、パニック障害、また子供時期のトラウマまでも心因性EDを起こさせる原因だと考えられています。最も多くあるのは、男性はセックスに予期不安があり、セックスに恐怖があるという状況です。

勃起が順調にできるのは、体の健康は基礎になる上、精神的にもセックスに臨めることは必要です。でも、精神的、心理的な面は常に省略されやすいです。また、器質性EDと違い、人によって精神的、心理的な面の問題は様々ありますので、治療にも心をかけないといけないのです。

3. 薬剤性 ED

薬剤性 EDは普段よく使われている薬品の副作用による起こる勃起不全です。特に精神安定剤、睡眠薬、高血圧治療薬、胃潰瘍治療薬などをよく服用する方は薬剤性 EDになりやすいです。

具体的にいうと、例えば高血圧治療薬をよく服用する方は動脈硬化が起こる可能性が高いです。それで血液の循環が弱くなり、勃起には十分な血液が足りないため、勃起障害となります。精神安定剤の場合はセロトニンの濃度を増加します。セロトニンはドパミンやノルアドレナリン系の神経を抑制する作用がありますから、性機能、つまり勃起力にも抑える働きがあります。また、セロトニンは末梢神経の感覚を低下する機能もありますので、性的な感度が弱くなることとつながります。

4. 複合型 ED

最後のタイプは複合型 EDです。複合型 EDは名前の通り、以上の三つの状況が複合して起こる勃起不全です。発病原因を明確的に指すことができないです。心理的、精神的なストレス、加齢による動脈硬化、薬の副作用は混雑してから、勃起不全が起こってしまいます。その場合は複雑ですので、病院に行ってお医者さんと相談してから治療方法を探したほうがいいです。

シアリスジェネリック医薬品ランキング