シアリスジェネリック医薬品―タダポックス、タダシップ、タダリス、メガリスの価格、効果、副作用、特徴などの情報を徹底比較いたします。

シアリスの副作用

シアリスの副作用

結論から先に言うと「全然大丈夫」です。

薬には副作用がつきもので、それはED治療薬も例外ではありません。

シアリスはED治療薬の一つであり国内では2007年から販売されています。勃起を阻害しようとする酵素に対して働きかけたり、血管を拡張して血流量をアップさせたりすることで勃起を促すという効果をもたらす薬で、服用してから丸一日もしくは翌日まで効き目が長いことが特徴です。そのため連続して服用したり大量に服用したりする必要はなく、バイアグラやレビトラと比べても副作用が少ないことで知られています。

発症頻度も投与例全体の3割未満と低いため、深刻な心配は必要ないと考えられます。重篤な症例に至ってはさらに発生頻度が低く(0.2%未満)、服用者のもともとの健康状態や持病が関連している場合も多いため、シアリス服用を主原因に断定するのは困難です。

症状としてはバイアグラやレビトラと似た副作用が現れるということですね。シアリスの服用にあたり起こりやすい副作用としては、主に「顔のほてり」「鼻づまり」「頭痛」が見られますが、これは血管拡張作用によるものであり、効果の現れた証拠でもあります。

また一過性の視覚異常が現れることもあります。「まぶしい」「緑と青の区別がつかない」「青色のサングラスをかけているよう」など、見え方に異常がでることがあります。 

軽度の副作用であれば身体への影響は少なく、少し気になる程度のものであるためそのまま使い続けても問題はありません。ある程度の副作用は仕方がないといえます。しかし、その程度が大きかった場合にはすぐに病院やクリニックで診てもらうようにしましょう。当然、異常を感じた時点で服用も中止してください。

また、硝酸剤、一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン等の硝酸塩系薬剤)との併用によっては降圧作用が増し、血圧を急激に下降させる場合がありますから、併用しての服用は厳禁となっています。ご注意ください。

副作用のリスクを軽減する方法として、当たり前のようですが、シアリスそれぞれの正しい服用方法を守ることがあげられます。

・医師からもらう添付文書やくすりのしおりに必ず目を通しましょう
・飲み方や飲む量を守りましょう
・服用する時間を守りましょう
・服用時に注意事項があったら必ず守りましょう
・高齢者の方は効果や副作用が出すぎることがあるため注意しましょう
・お薬手帳で服用中の薬を確認するなど、健康管理をしましょう

シアリスジェネリック医薬品ランキング