シアリスジェネリック医薬品―タダポックス、タダシップ、タダリス、メガリスの価格、効果、副作用、特徴などの情報を徹底比較いたします。

シアリスの併用禁忌

シアリスの併用禁忌

併用禁忌薬とは、飲み合わせの相性が悪いお薬のことです。

 バイアグラやレビトラと同じく、シアリスにも併用禁忌薬があります。併用禁忌薬はそれ単体ではいい効果をもたらしますが、シアリスと合わせて飲むと重大な健康被害をもたらす可能性がある薬です。そのため、シアリスと一緒に飲むことは禁止されています。

狭心症や不整脈のお薬とシアリスを絶対に併用しないで下さい。 主に狭心症や不整脈に使われるニトロと呼ばれる硝酸薬は、相互作用を起こして急激に血圧を下がると言われ、併用禁忌のひとつになっています。

シアリスは血管を拡張する事で血圧が低下します。硝酸薬は、心臓のまわりの冠動脈を広げ血流量を増やし、心臓に酸素などを補給することで、全身の血管抵抗を減らして心臓の負担を軽くするお薬なんです。そこへ、血圧を低下させる作用のお薬を更に飲んでしまうと、血圧が下がり過ぎて大変危険です。血圧が低下しすぎると全身へ血液が流なくなってしまう恐れがあり、脳への血液不足では失神などが起こり、心臓への血液不足などで死亡事故も起こっています。時には、死に至る可能性もあるので、併用して服用する場合は特に気を付けなければなりません。

シアリスの併用禁忌薬のほとんどが硝酸剤ですが、それ以外ではひとつだけ、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の薬であるアデムパム錠が併用禁忌薬に含まれています。これを併用すると、症候性低血圧を引き起こす恐れがあるとされています。ほとんどが硝酸剤ですが、併用禁忌薬の種類自体は多いので、医師に自分が服用している薬を正確に告げるようにしましょう。

下記お薬を服用されている方は、シアリスと併用すると急激に血圧を下げる危険性があるため、処方できません。

                 併用禁忌薬一見

アイトロール錠10mg/20mg

アイスラール錠20mg

アイロクール錠20mg

亜硝酸アミル

アパティアテープ

アンタップ/R

イソコロナールRカプセル

イソニトール錠20

イソピット

イソモニット錠20mg

イブステン錠5

エスタット錠5mg

L-オーネスゲン錠

カリアント錠10

冠動注用ミリスロール0.5mg/10ml

コバインター錠5mg

コンスピット錠

サークレス注0.05%/0.1%

サワドールL錠

サワドールテープ/S

ジアセラL錠

シグマート錠2.5mg/5mg

シグマート注2mg/12mg/48mg

シグマート注2mg/12mg/48mg

ジドレンテープ

シベラント錠5mg

硝酸イソソルビド錠(ツルハラ)

硝酸イソソルビドテープ[EMEC]

ステンベルガー錠5mg

スレンドミン錠

セラモンテ錠

ソプレロール錠20mg

タイシロール錠20mg

ニコランジス錠2.5mg/5mg

ニコランタ錠5

ニコランマート錠

ニトソルビド注0.05%/0.1

ニトプロ注

ニトプロ注

ニトルビン錠5

ニトルビン錠5

ニトロールRカプセル20mg

ニトロール錠

ニトロールスプレー

ニトロール注5mg/50mg/100mg

ニトログリセリン錠山川

ニトログリセリン注-ACC

ニトロシンパフ

ニトロスロー錠

ニトロダームTTS

ニトロバイド錠5mg

ニトロバイド錠5mg

ニトロペン錠

ニトロラム

ニプラノール点眼液

ハイパジールコーワ錠3/錠6

ハイパジールコーワ点眼液

バソレーターRB2.5

バソレーター注5mg/注50mg

バソレーターテープ

バソレーター軟膏

フランドル

フランソルテープS

ペネティISDNテープ

ヘルツァーS

ヘルピニン-Rカプセル

ホクスノールLカプセル

ミオコールスプレー

ミニトロテープ

ミリステープ

ミリステープ

ミリスロールテープ

メズサビド錠5

メディトランステープ

メディトランスニトロ

ラブノールRカプセル

リファタックL錠

リファタックテープS

リベラステープ

 

 

以上で挙げるお薬が、シアリスの併用禁忌薬となります。これらのお薬を服用している場合、シアリスと併用することで、過度な血圧低下をもたらす危険性がありますので、お薬の処方はできません。

シアリスジェネリック医薬品ランキング