シアリスジェネリック医薬品―タダポックス、タダシップ、タダリス、メガリスの価格、効果、副作用、特徴などの情報を徹底比較いたします。

メガリス

メガリス

メガリス

メガリスは、マクレオーズ・パーマスティカル社が開発したシアリスのジェネリック医薬品で、勃起不全(ED)の治療薬です。どうしてメガリスは非常に人気があるのですか。ここでメガリスの成分、効果、飲み方、副作用などの基本情報を紹介することで、メガリスの魅力がある原因を探しましょう。

メガリスの主要成分

メガリスとは水に溶けにくい性質を持つタダラフィルを有効成分にしたED治療薬のひとつで、長時間作用型のPDE5阻害薬に分類されています。タダラフィルは、他のED治療薬と違い、持続時間が長いという特徴があります。バイアグラやレビトラの持続時間は4時間くらいですが、メガリスの効果持続時間は最大36時間!とっても長持ちです。

最も食事・アルコールの影響が少ないメガリスですが油分の多い食事・過剰なアルコール摂取はメガリスの効果が薄れる可能性がありますのでご注意ください。また「メガリス」には性的な興奮や性欲増進作用はなく、あくまで性的な刺激を受けて勃起したペニスを補助する効果があります。つまり服用しただけでは勃起しませんのでご注意ください。また作用時間ずっと勃起するわけでもありませんのでご安心ください。

メガリスの効果

ED治療薬メガリスはシアリスと同じタダラフィルを主成分としていますので効果や副作用はシアリスと全く同様です。メガリスはPDE-5阻害薬に分類される薬剤でPDE-5阻害薬は主にED治療で使われています。PDE-5阻害薬は陰茎海綿体で勃起に関与するPDE-5という酵素の働きを抑え、陰茎周辺部のNO作動性神経に作用して血管を拡張させ、血流量を促すことで勃起の持続力を促します。

メガリスの副作用

勃起不全治療薬については、副作用を起こす可能性があるので注意が必要です。最も多い副作用としては、頭痛や動悸、吐き気や腹痛などがありますがどれも軽度なものです。これらの副作用は、メガリスの主成分のタダラフィルが勃起障害の原因となるPDE5を阻害することで、全身の血管が拡張されるために引き起こされる症状です。

なお、副作用の症状や程度は個人の体質によって異なります。あまりにも重度の症状が出た場合には、メガリスの使用を直ちに中止し、近くの内科やED治療を専門に取り扱うクリニックで診てもらうようにしましょう。併用禁忌薬があるため、常時服用している薬などがある場合は、きちんと確認をしてください。

メガリスの使用方法

メガリスの使用方法としては、先発医薬品と同じく性行為の1時間前に1錠を服用してください。効果の発現には個人差がありますが、およそ30分前後で効果が現れ始めます。ただ1錠の効果が強いため、一度に複数錠同時摂取することはやめましょう。1錠服用した後は、24時間間隔をあけて、服用することが大事です。ここで用量を守らないと、思わぬ副作用を引き起こしてしまう可能性があるため、注意が必要です。

アルコールの影響は受けづらいとされていますが、過度の摂取は効き目を半減させるだけでなく、副作用を増強させてしまう可能性があるため、極力控えるようにしましょう。

シアリスジェネリック医薬品ランキング